ホワイト・ロボット株式会社 - 蓄電池の販売開始! 台数限定 特価!
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

本日も猛暑
ナスの花
ミニトマトの収穫
夏至 2018
今年もミニトマト

最も人気の高い記事

Good news and Bad news
本日も猛暑
ナスの花
ミニトマトの収穫
夏至 2018

カテゴリー

Arduinoプログラム教室
EVパッソル
お知らせ
センサー回路製作
ソーラーシェア
ハイブリッド発電
パネル水洗
ブレイク
ロボット教室
再生可能エネルギー
地球温暖化防止
太陽光発電
家庭創電
家庭菜園
注意
無料充電
無料充電ベンチ
草花
蓄電池
連絡
風力発電
検索エンジンの供給元:

DIY発電と電子工作

蓄電池

攻める太陽光発電

太陽光発電パネル(モジュール)を用いた太陽光発電は太陽光が当たったら発電します。
太陽光が当たらなければ当たるまで待つ。そんな受け身な発電です。
当たり前ですよね。

そんな常識を覆す発電がこれ(写真)!
攻めの太陽光発電
光センサーで明るい方向を探して進みます。
落下防止プログラムや障害物回避プログラムにより自律運転するロボットです。

明るいところへ太陽光発電パネルを運んで行って発電します。これに蓄電池や充電コントローラーなどを搭載すれば、発電した電気を蓄電池に貯めて(電気を収穫して)消費地まで運んでくることが自動でできます。

これがホワロボが考える攻撃的(積極的)太陽光発電の一つです。

もちろん、これは試作機です。
Arduino互換機による制御で、もぞもぞ動きます。窓際まで太陽光発電パネルを運びます。

限られた範囲(敷地、土地などをイメージしてみてください)で太陽光パネル自身が独自に太陽を追っかけて発電するようになれば、面積当たりの発電量は向上させることが可能になりそうです。日なたへ集まってくるソーラーパネルってなんかすごいですよね。日影を避けて日向に集まってくるんですよ。ちょっと恐いかも...。ロボット技術を用いて再生可能エネルギーの有効利用ができそうですね。

直流のまま充電へ 無料充電ベンチ

携帯電話の充電端子とUSB端子が使えるカー用品シガーライタータイプの電源プラグ(メス)無料充電ベンチのバッテリーがかなり消耗してしまいました。
インバーターを24時間連続運転していたのでバッテリーの消耗が激しかったようです。

夏は良かったけどもうすっかり秋ですから工夫しなければいけませんでした。反省です。

DC(直流)→AC(交流)→DC(直流)とインバーターを介すると非効率になります(今更ですが・・・)。だから、バッテリーが消耗しました。インバーターのテスト運転も兼ねていたのですが、予想以上の消費電力でした。

応急対策として、自動車のシガーライターを電源にして電源プラグを差し込むことで携帯電話の充電端子やUSB端子が使えるカー用品を設置しました。本日以降、数日晴れると信じて非防水タイプのカー用品で応急対応します。

今週中には防水タイプが納品される予定ですので納品したらすぐに設置します。少々お待ちください。

本日は、バッテリーが完全には回復してませんので夜間は使用できないかもしれませんが、数日のうちに回復すると思います。USB同期B端子をスマホなどに接続して通電したら充電できますのでそのままご使用ください。バッテリーが弱れば自動的に電気がOFFになりますのでご了承ください。

無料充電ベンチの写真です

無料充電ベンチ 正面 弊社入り口に設置している無料充電ベンチ(無料充電ステーションのベンチタイプ)の写真を紹介します。ご自由にご利用ください。

*曇天が続くとバッテリー電圧が低くなり充電できなくなることがあります。ご了承ください。太陽光発電の性質なのでご理解いただければ幸いです。

無料充電ベンチ 道路側からの写真(自販機の横)充電端子(Micro USB B同期) 赤いキャップを外して使ってくださいホワイト・ロボット(株)では、太陽光発電の良いところばかりではなく悪いところも知っていただきたいと思っています。再生可能エネルギーの良いところと悪いところを理解していただければエネルギーのベストミックスについてのご理解も深まり無理の無いエネルギーの活用が広まると期待しております。

EVパッソル太陽光発電で充電成功!

MPPTチャージコントローラーでパッソルEV充電成功!PWMチャージコントローラーでパッソルEV充電成功! 先日も成功したのですが、確認のため本日もEVパッソル(電動原付自転車)の充電を再生可能エネルギーだけでチャレンジしてみました。
 曇りや10時前では晴れていても今の時期、日光が弱く充電ができませんでした。
 ですが、11時を過ぎると晴れていれば充電電流が7A以上になり、バッテリー電圧も13Vに達し、充電が成功しました!
 チャージコントローラーをMPPTとPWMの2種類で試してみました。11~15時の間で晴れていればどちらでもパッソルへの充電は可能でした!
 フル充電に約3時間必要なので、今の時期であればバッテリーを使い切ってもフル充電が可能です。冬場はちょっと厳しそうですね。バッテリーを増やして太陽光パネルを100W 程度増設すれば冬場でもチャージできると考えてます。

 ただでさえとても静かで排気ガスゼロのエコな電動バイクですが、再生可能エネルギーで充電して動かすことで環境問題の切り口にならないかなぁ。と勝手に期待してます。

 電動バイクの充電ステーションも無料で運転したらもっともっと地球環境が良くなるかもしれませんね。Let's Try! 

充電ベンチも無料充電です!

 東京でも無料充電ステーションが始まったんですね。
 当社の無料充電ベンチもモチロン蓄電池を利用した24時間無料充電ベンチなのでお気軽に利用ください! 充電端子は1個だけですが、お声をかけてくだされば最大2個追加できますので合計3個まで端子は設置できます。他にも充電できる発電システムがありますのでお困りの時は気軽にどうぞ!
外に出てないことが多いですが、チャイムを鳴らしてもらえれば大体屋内に居ますので出てきます。
ドアをノックされても全く聞こえないので必ずチャイムを鳴らしてくださいね。

太陽光でパッソルEVに充電

EVパッソル充電システム 家庭創電で成功しました!190WモジュールでEVパッソル充電電動バイクのEVパッソルを日々の足としています。銀行や部品調達へ行くときはパッソルで移動してます。

このEVパッソルの電池を太陽光発電した電気で乗りたい!!とずっと思っていました。
ようやく現実になりました!!!

究極のエコドライブ(ライド)が現実になります!

数点ある独立型太陽光発電システム(家庭創電システム)のシステム構成などを色々調整して、新しいシステム構成にしました。その中の1つのシステムで、190WソーラーパネルをMPPTチャージコントローラーで管理して600Wのインバーターを使用してEVパッソルのリチウム電池を充電してみました。

昨日は日当たりが悪いところで前述のシステムをテストしたためパッソルの電池へは充電できなかったのですが、本日の晴天の中、無事に充電することができました。
写真は本日使用したシステムです。一番手前がパッソルの電池です。その右上はパソコンです。充電状態を管理しています。主にMPPTコントローラーの運転状況をモニターするためのパソコンなので、充電には必要ではありません。その上の白いのがMPPTチャージコントローラー、青いのが12V600Wインバーターです。左横の丸っこいのはパッソルの充電器です。

BYD蓄電池の参考価格訂正

 昨日、紹介したBYD蓄電池の参考価格が税抜きで記していたので訂正します。

 BYD蓄電池 MEPS-1000I 参考価格 ¥702,000(税込)(¥650,000税抜)

これを

 ¥240,000(税込 送料無料)

で販売しております。尚、補助金は適用外の製品です。
注文受付から発送まで7~10日程度費やす場合があります。ご了承ください。

離れの電源としてBYD蓄電池をぜひ!

 前回紹介した蓄電池ですが、メーカーはBYD社。型式はMEPS-1000I。弊社ホームページのトップページに紹介しましたので、ご覧ください。50Hz、60Hzの仕様に分かれてます。お間違えないようにご指定下さい。

 尚、当社のホームページは更新する場合はブラウザーの再読み込み(矢印が回ったようなマーク)を実行すると最新の情報になります。是非ご確認ください。

 コンセントから充電するタイプなので工事することなく使うことができます。
 充電してから離れに移動して使用することで、コンセントが無い部屋でもステレオやテレビを使うことができます。充電に時間がかかるので外出前に充電することをお勧めします。
 別荘で使用するには最適だと思います。工夫次第でとても便利に使えますので是非一家に一台どうぞ。

家庭用蓄電池の販売開始しました

 コンセントをつなぐだけの簡単設置で停電時も安心!
 家庭用蓄電池の販売を開始しました!!

 容量は2.4kwh=2400whの大容量!
 リチウムイオン(リチウムフェライト)電池です。
 屋内でコンセントが少ないお部屋用に最適です。
 キャスターが4個搭載されているので移動も楽々!

 テレビ150W(32型)なら16時間連続で使用可能 扇風機34W→73時間 ノートパソコン60W→40時間 洗濯機500W→3時間 などなどたっぷり使える大容量です。

参考価格¥650,000 のところ
販売価格¥240,000 (税込、送料無料)

ぜひ、お問い合わせ下さい。
まで!