ホワイト・ロボット株式会社 - 蓄電池の販売開始! 台数限定 特価!
RSS フォローする ファンになる

送信元: FeedBurner


最新記事

本日も猛暑
ナスの花
ミニトマトの収穫
夏至 2018
今年もミニトマト

最も人気の高い記事

Good news and Bad news
本日も猛暑
ナスの花
ミニトマトの収穫
夏至 2018

カテゴリー

Arduinoプログラム教室
EVパッソル
お知らせ
センサー回路製作
ソーラーシェア
ハイブリッド発電
パネル水洗
ブレイク
ロボット教室
再生可能エネルギー
地球温暖化防止
太陽光発電
家庭創電
家庭菜園
注意
無料充電
無料充電ベンチ
草花
蓄電池
連絡
風力発電
検索エンジンの供給元:

DIY発電と電子工作

パネル水洗

2018年2月の発電量

先月の発電量を昨年比で報告します。

日照時間は昨年比+31.5%
発電量は昨年比約+11%

2月の発電量としては最高値でした。

低温が続いたけど降雨が少なかったことが原因と考えられます。

パネルの水洗は3回実施しました。
今年は低温が続いたため水道水のホースのジョイントにクラックが入り交換しました。
水道ホースも数年に1度交換が必要ですね。

弊社の太陽光発電施設では昨晩の強風の影響も無かったので一安心でした。
周辺の地域では看板などが被害にあっているところも見られましたので強風の影響は少なからずあったようです。

太陽光パネルに付着した黄砂

左半分が水洗直後、右半分が水洗前の太陽光パネル黄砂やPM2.5での汚れた部分 太陽光パネル汚れた部分の拡大写真 太陽光パネル 黄砂 PM2.5昨日までの強風と共に黄砂やPM2.5が飛来していました。

本日、水洗作業をしたときの写真を紹介します。
上の写真は、左半分が水洗直後で右半分が水洗前の状態の太陽光パネルです。右側が白っぽく汚れているのが良く解ると思います。

真ん中の写真は、汚れた部分の写真です。汚れが縦にすじ状に白っぽく付着しています。得にパネルの下側に付着します。

下の写真は、汚れた部分を拡大しました。この状態の汚れは水道水を流しただけでは綺麗にならないことが多いです。水をかけながら柔らかい布か手の平で軽くこすると綺麗に落ちます。手が届かない(高い)ところの汚れは以前のブログで紹介した水きりモップを使うと良いかもしれません。

再生可能エネルギーを効率良く使い続けるためには日々の管理が重要だと思います。但し、あまり神経質になる必要は無いと思います。長い期間続けるのですから気楽に付き合った方が良いと思いますよ。

太陽光パネルの汚れを雨水で除去

先日、掃除できなかった太陽光パネルの頑固な汚れ(鉄粉など)を昨日実施しました。

適量の降雨量になったのは午後3時頃でした。
気象庁のデータで確認すると作業に適した降水量は1~5mm/h位だと思います。雨量は刻々と変化するので一概には言えませんが、弊社の発電所に限って言うと、雨量が1mm以下だと水が少なすぎます。水が少ないと汚れが浮きにくいので最悪の場合はパネルの表面にキズをつけてしまいます。雨量が5mm以上だと水が多すぎるためモップで何回水切りしてもパネルの表面の汚れを除去するまでには至らないと思います。

モップによる太陽光パネル表面の頑固な汚れの除去方法は、
弊社では、全長約5mのモップの水切り(ゴム)で流水環境(降雨時を推奨)において太陽光パネル表面をこする方法を実施しています。
※パネル表面を2~3回水切りでこすります(水きりがビビらないようにゆっくりと動かすのがコツ)。
1度目で水と付着している大きめの汚れを除去(虫や葉っぱなど)
2度目で頑固な汚れを除去(水に浮かせる)
3度目で残りの汚れを除去
※水切りがビビるとパネル表面が縞模様になり汚れが残りやすいので注意します。

以上が現在実施している方法です。

ソーラーパネルに積もった黄砂

黄砂で汚れた太陽光発電パネル水洗した後の太陽光発電パネル 黄砂を洗い流した後昨日まで黄砂が飛来してました。
太陽光パネルにも沢山の黄砂が飛んできていました。
写真は今朝の状態です。
汚れがひどい部分を撮ったものです。
あまり手が届かないような上段部分が特にひどいように思います。写真は下から二段目のパネルです。
パネル表面の汚れは朝方の露でパネルの下部に集まります。

水道水で水洗後のパネルは次の写真です(別の部分です)。
見た目では綺麗になってます。
ですが、付着した汚れの粒子が小さいので、なかなか綺麗には落ちません。

明日、降雨時にモップで掃除する予定でいます。

パネル表面を綺麗に管理することで発電効率が向上し、再生可能エネルギーの有効活用にも貢献できます。もちろん、少ないですが売電売上にも効果は出ます。